新着情報

What's New

WELCOME TO YUUSHIEN

ごあいさつ

永遠に続くような一瞬を忘れられない体験を
思い出してもらえる美しさを

今から四十数年前、波静かな中海に浮かぶ大根島の風光明媚な環境に着目し、観光の一助になればと日本庭園をつくろうと志した初代園主門脇栄でした。

松平不昧公の茶の湯の文化が息づく雲州出雲の地に「和」「寂」「趣」「彩」というコンセプトのもと八年の歳月を費やして作庭しました。牡丹、花菖蒲、紅葉、寒牡丹など四季折々の花々と緑に彩られた山陰最大級の池泉回遊式日本庭園をご体感ください。

牡丹園遊会2022     2022.04.18
  • 2022.03.31
    牡丹咲チューリップとラナンキュラス展2022
  • 2022.01.21
    假屋崎省吾X牡丹season11
  • 2021.12.15
    黄金の島ジパング2021年末年始CM
  • 2021.10.04
    由志園マイクロツーリズム
  • 2021.05.11
    花菖蒲映像2021
  • 2021.04.16
    春の牡丹園遊会2021
  • 2021.04.13
    2021春の日本庭園 由志園

日本庭園【 由志園 】

The Garden at the Four Seasons

ここは、出雲の国の箱庭

庭師

由志園の日本庭園は、出雲地方の豊かな地形を凝縮した箱庭の様に、大山を模した築山、名勝地「鬼の舌震」や宍道湖、中海を表現しています。

水の流れは、日本海へ至り、弓ヶ浜を表した広大な州浜と美しい白砂青松庭が配されています。
出雲の歴史を育んだ八岐大蛇の物語や宍道湖・中海の風景を思い描きながら、由志園をご散策ください。

庭園詳細ページはこちら

見頃の庭園案内

Garden of Now

2022.05.14

フローランタン柳楽桜子のバラ百 ...

欧州で開催の「新品種国際バラコンクール」で、アジア人として唯一公認審査員を務める桜子さんが ...

2022.5.14

フローランタン柳楽桜子のバラ百選②

欧州で開催の
「新品種国際バラコンクール」で、
アジア人として唯一公認審査員を務める桜子さんが、
今、最も注目するバラ100品種を由志園で初公開

これほどの数のバラが一斉に集うのは稀の中、特に注目すべきは、
欧州の主要なコンクールで、近年日本人として初受賞を果たしている、
“バラの家”木村卓功さん作出のバラ「ロサ・オリエンティス」シリーズや、
コンクールではグランプリ受賞が常習の
フランス人、アンドレ・エヴ社ジェローム・ラトゥーさん作出のバラの数々です。

ぜひこの機会に、これまでの日本庭園には無い、初のバラの世界をお楽しみください。

2022.5.14

フローランタン柳楽桜子のバラ百選①

欧州で開催の
「新品種国際バラコンクール」で、
アジア人として唯一公認審査員を務める桜子さんが、
今、最も注目するバラ100品種を由志園で初公開

プロの育種家たちの日々努力によって、より美しく、より耐病性を備えて日々進化を遂げたバラ。そのプロの育種家が競う新品種国際バラコンクールの中で、世界で最も伝統のあるパリ「バガテル公園」でのコンクールをはじめ、欧州での主要なコンクールの審査員を務める桜子さんが、これまでに受賞したバラや、耐病性に優れたバラを中心に100品種をセレクト。

2022.5.10

芍薬が見頃を迎えております

園内では牡丹に変わり、オランダ系芍薬が楽しめます。コーラルカラー(珊瑚色)の「オランダ系ハイブリット芍薬」をはじめ「伊藤ハイブリット芍薬」「ラクティフローラ系」の芍薬をご覧いただけます。

日本庭園【 由志園 】

Peony & Korean ginseng

心と身体を美しく健康に宝石のつぼみが花開き
薬草の不思議に驚く

大根島は周囲を海に囲まれた地形で千年以上にわたり放牧が盛んでした。
その結果生まれた肥沃な黒ぼく土をいかし、およそ250年前から牡丹と高麗人蔘の栽培が行われています。

日本一の牡丹苗の生産地

江戸牡丹

最高峰の栽培技術を誇り、海外輸出によって世界にその美しさが知られるようになりました。
一年中、満開の牡丹を見ていただけ、国内外のアーティストによる様々な演出で牡丹の魅力を伝えます。

牡丹詳細ページはこちら


神々が集う出雲の地は雲州と呼ばれ
そこで収穫された高麗人蔘は雲州人蔘と呼ばれています

雲州人蔘

雲州人蔘は茶人大名 松平不昧公による藩の財政再建に貢献しました。現在では日本に3カ所しか残っていない生産地の一つです。

高麗人蔘の製品加工の過程をオープンにした工場を併設しました。また、歴史を伝える雲州人蔘ミュージアム、試飲、体験ができるエリアをもうけわかりやすく高麗人蔘の歴史や良さをご紹介します。

高麗人蔘詳細ページはこちら

日本庭園【 由志園 】

Garden view restaurant

花を愛で、旬を味わう料理の一皿に季節を感じ
心を込めたおもてなしでお待ちしております

鰻溶岩焼

それぞれに趣の異なる庭を望む三つの食事処をご用意して、大切なお客様をお迎えいたします。

日本海や宍道湖などの近海ものの魚介、大山山麓の野菜など、地元の旬の素材をふんだんに使った目にも鮮やかな季節の膳をご提供しております。
肥沃な黒ぼく大地の恵み、特産の雲州人蔘に季節の彩りを添えた薬膳は自慢の逸品。特にご好評をいただいております。

食事処のご案内

自動車で

※米子I.C.から車で40分、松江玉造I.C.から車で30分、西尾I.C.から車で12分

大阪
広島
岡山

中国道

米子I.C
or
松江玉造I.C
or
西尾I.C

米子I.Cから約40分

松江玉造I.Cから約30分

西尾I.Cから約12分

由志園

高速バスで

※JR米子駅から車で40分、JR松江駅から車で25分

東京
名古屋
大阪
京都
兵庫
岡山
広島

米子駅
or
松江駅

米子駅から車で約40分

松江駅から車で約25分

由志園

       

福岡

松江駅

松江駅から車で約25分

JR電車で

※米子駅から車で40分、松江駅から車で25分、境港駅から車で15分

岡山

米子駅
or
松江駅

米子駅から車で約40分

松江駅から車で約25分

由志園

       
米子駅

約45分

境港駅

境港駅から車で約15分

飛行機で

※米子空港から車で15分、出雲空港から車で50分

東京
名古屋
大阪
福岡

出雲空港

出雲空港から車で約50分

由志園

       
東京

米子空港

米子空港から車で約15分