高麗人蔘をお求めのお客様へ
漢方の王 高麗人蔘


四季のイベントに参加しませんか? 現在開催中のイベント情報
 春のぼたん祭りからはじまり、夏の花菖蒲、秋の紅葉ライトアップ、冬の寒牡丹まつり・・・と1年中通して様々なイベントを開催しております。由志園の四季のイベントで山陰の季節にふれてみてはいかがでしょう!?
東洋医学が誇る高麗人蔘  
 東洋の秘薬といわれ、数千年もの昔から高貴薬として珍重されてきた高麗人蔘は、中国の東北地方や朝鮮の深山に野生していたウコギ科の多年生の植物です。
 中国最古の『神王本草経』に「人蔘七効説」とあり、自然治癒力に重きを置く中国では、現在も「人蔘七効説」が脈々と伝えられています。
大根島と高麗人蔘のつながり 詳しくはこちらのページ
 大根島での高麗人蔘栽培は、約200年前に松江藩の直轄事業として始まりました。
 栽培管理は、藩直営の「御手畑」で数名の「御手人」が行い、一般には栽培や精製方法は極秘でしたが、栽培を支える労働は島民に強いられていました。
 栽培に適した火山灰土質と技術、そして島民の苦労と情熱に支えられ、今では大根島の高麗人蔘は、「雲州人蔘」の名で本場韓国産と類似する、世界の一級品として評価されています。
高麗人蔘の楽しみ方いろいろ 詳しくはこちらのページ
 高麗人蔘茶(高麗人蔘液を湯で溶かしたもの)の味が苦手…という方にオススメなのが、「抹茶風・高麗人蔘茶」。高麗人蔘液小さじ1杯を100cc位の湯によく溶かし、茶せんで抹茶のように点てると、細かな泡が立ち、口当たりもまろやかに。
 ハチミツ2kgの中に、スライスした生高麗人蔘約170gを3ヵ月間漬け込めば、「人蔘のハチミツ漬け」の完成です。大さじ1〜2杯を水や好きな飲み物で割ってお飲みください。
 忙しい朝に、「人蔘オレ」はいかがでしょう。牛乳に高麗人蔘液を入れ、電子レンジで温めるだけの簡単レシピです。
 詳しくは「恵春堂」のHPをご覧ください。
高品質な高麗人蔘を使った製品  
 園内の「恵春堂」では、さまざまな高麗人蔘製品の製造販売を行っております。
 中でも、高麗人蔘(紅蔘)の主要成分を抽出し、丹念に濃縮した高純度の「高麗人蔘液」は、安定した品質と信頼で、多くのお客様に長年にわたりご愛飲いただいております。
 恵春堂が製品づくりで最も大切にしているのは、クオリティの高い製品を年間を通じて均一に製造することです。最新の製造システムと人の目、技術により、安定した製品をお届けしているのです。
 高麗人蔘液の製造は、徹底した衛生管理の下、原料の選別を手作業で行うところから始まります。抽出、ろ過、濃縮を経て、ねばりのある美しい茶褐色の液に仕上がります。その後、厳しい品質チェックを受け、合格したものだけが(財)日本健康・栄養食品協会(JHFA)認定マーク入りの容器に詰められ、送り出されるのです。
 お一人でも多くの方に健康であっていただきたい。それが恵春堂の願いなのです。
高麗人参総合サイトへ 由志園総合トップへ 由志園アグリファームへ サイトマップページへ