ぼたん(牡丹 ボタン)と 高麗人参の里 日本庭園【 由志園 】
language 恵春堂(高麗人参の販売) ぼたん宅配便(牡丹の販売) 一覧 /日本庭園【 由志園 】 入園案内 日本庭園【 由志園 】
ぼたん と 高麗人参の里 日本庭園【 由志園 】日本庭園食事喫茶お買物
会社情報 /ぼたん と 高麗人参の里 日本庭園【 由志園 】大根島と由志園 /ぼたん と 高麗人参の里 日本庭園【 由志園 】入園案内 /ぼたん と 高麗人参の里 日本庭園【 由志園 】周辺観光 /ぼたん と 高麗人参の里 日本庭園【 由志園 】交通案内 /ぼたん と 高麗人参の里 日本庭園【 由志園 】お問合せ /ぼたん と 高麗人参の里 日本庭園【 由志園 】
由志園TOP  ≫ 特集VOL.37 〔七色の紅葉 〕 2017年秋号
特集VOL.37 〔七色の紅葉 〕 2017年秋号 日本庭園【 由志園 】
秋冬のライトアップイルミネーション 黄金の島ジパング七色の紅葉

特集ページはこちら

交通アクセスのご案内

牡丹の館

牡丹と牡丹と雲州人蔘の里

縁結びスポット 牡丹観音菩薩像

由志園フォトサークル

最新イベント情報 /ぼたん と 高麗人参の里 日本庭園【 由志園 】

由志園ウエディング
由志園の瓦版


七色の紅葉

生活暦として定着している「二十四節気」は1年を24等分にし、季節の名前をつけたものです。
秋にあたるのは、立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降。暑さが収まって秋が本格化し、風はいつしか冷たくなります。錦秋の日本庭園は、冬の気配が届くころクライマックスに。
移ろいゆく季節の言い様の無い美しさとはかなさを出雲の箱庭・由志園で感じてみませんか。




白露9月7日頃〜9月21日頃
秋の気配が感じられ、草に宿る露も白く光るようになります。
庭園の緑の艶やかさにも、秋の趣が宿ります。

秋分9月22日頃〜10月7日頃
昼夜の長さが同じとなる秋のお彼岸。大根島は実りの秋を迎えます。あちらこちらで秋の七草の開花が見られます。

寒露

10月8日頃〜10月22日頃
本格的な秋となり、朝晩爽やかに過ごせる頃。由志園では木々が紅葉の準備に入り、新そばの収穫に追われます。

霜降
10月23日頃〜11月7日頃

霜が降りる頃のことで、朝には草木が白くなります。野花や虫の声は減り、紅葉のシーズンが幕を開けます。
春から夏にかけ、庭園を濃緑に彩ってきた青紅葉。暑さが遠のき最低気温が十度を下回ると、色付き始めて薄紅葉に。五度以下になると紅葉が加速し、昼夜の寒暖差が大きいとより美しく色づいていきます。一万坪の日本庭園である由志園では紅葉する木々が多く、緑から黄、橙、赤へと、季節の移ろいが紅葉のグラデーションを生み出します。また水面に映る茜色の紅葉や朱色の散り紅葉など、さまざまなシチュエーションの情景が楽しめます。

立冬11月8日頃〜11月22日頃
朝夕の肌寒さに冬の気配を感じる頃。暦の上ではここから冬となり、由志園でも一層木々の紅葉が進みます。


牡丹の冬支度牡丹の冬支度とぼたん供養
今年咲いてくれた牡丹に感謝する「ぼたん供養」が始まります。その日より、寒牡丹の冬支度も開始。庭師が菰かけする姿は、由志園の初冬の一コマとなっています。
牡丹の剪定木
牡丹の冬支度


紅葉ライトアップ特別夜間観賞会

中四国最大級の水中イルミネーションが初登場!!
山陰最大級の紅葉ライトアップに加え、県内最大となる100万球ものジュエルイルミネーションも必見です。

・紅葉ライトアップ特別開催期間
2017年11月11日(土)から12月4日(月)までの21日間
開園時間を20:30まで延長!!(毎週火曜日は定休日)

・秋冬のイルミネーション
12月6日から12月25日までの20日間
開園時間を20:30まで延長!!(毎週火曜日は定休日)

・ニューイヤーイルミネーション
2018年1月2日から8日までの7日間開催
開園時間を20:30まで延長!!(毎週火曜日は定休日)

<見所案内>
1)中四国最大級の水中イルミネーション
2)山陰最大級の紅葉ライトアップ
3)県内最大100万球のジュエルイルミネーション
4)七色の鏡の池
5)高さ2.5mの巨大行灯
6)和傘の灯り
7)竹籠灯り
8)蒼の海蛍
9)黄金のゲートプロジェクションマッピング
10)霧の枯山水(レーザーの演出も!!)

※12月は紅葉の状況により期間が短くなることがあります。



小雪
11月23日頃〜12月6日頃
下紅葉(したもみじ)冷え込みがぐっと厳しくなると、紅葉シーズンもいよいよクライマックス。園内のあちらこちらで、下紅葉がご覧いただけます。
牡丹の冬支度とぼたん供養


ぼたん と 高麗人参の里 日本庭園 由志園〔総合TOP〕 ▲このページの上部へ戻る